johnathanTのブログ〜双極性障害について〜

どうも!ジョナサンのブログです。精神疾患を患ってる方へのサポートが少しでも出来るようなブログを発信していこうと思います。

バイリンガルの大半が日本語も英語も中途半端?その実態に迫ります!

スポンサーリンク

こんにちわ!ジョナサン(Twitter:@Johnathan_cbf)です!

今回の記事では、バイリンガルの大半が日本語も英語も中途半端なのか?その実態に迫ろうと思います。

自己紹介させてください。
30歳男性で、双極性障害の治療中のため、現在無職です。
父の仕事の都合(オーストラリア資本の物流会社に勤務。そのためシドニーに駐在。)でオーストラリアのシドニーで生まれ、9歳半まで育ちました。
小学校4年生の2学期に日本に帰国。
帰国子女枠でお茶の水女子大学附属小学校編入しました。

私の英語力なのですが、ぺらぺらではないですが、
普通には話せます。
TOEICだと955点です。

小学校4年生の2学期~小学校5年生の3学期まで、帰国子女学級に所属していました。
また、私はお茶の水女子大学附属中学校に進学したのですが、附属中学校から、帰国子女枠で編入してくる子達もいました。
高校から日本に帰国してきた子も含め、色んな帰国子女を見てきました。

 

色んなバイリンガル達を見てきた中で、私目線でバイリンガルの実態に迫ろうと思います。

 

さて、いきなりですが日英バイリンガルを場合分けすると下記に分類されます。

①日本語も英語も完璧なバイリンガル

②日本語は完璧だけど、英語は中途半端なバイリンガル

③英語は完璧だけど、日本語は中途半端なバイリンガル

④日本語も英語も中途半端なバイリンガル

 

私は④に属するバイリンガルですね。

日本語は表面的には流暢に扱えてますが、

日本生まれ・日本育ちの純ジャパと話してて、

私の日本語が劣っていると感じることが多いです。

また、会社員で営業やってた頃、「お前日本語下手」って結構言われました。

英語は、一見ペラペラに見えるバイリンガル達の英語の中だと中途半端というよりもはや完全に下手な部類に入りますね。 

 

でもね、私が下手だと自覚している日本語でさえ、色んなバイリンガル達と日本語・英語で話してきたりしましたが、私よりきちんと日本語が使えてたバイリンガル達は少数です。

というより2名程度に限られます。

 

この記事はこんな方にオススメです。

バイリンガルの大半が日本語も英語も中途半端だと思うようになったきっかけ

9年振りにシドニーに帰った時

私9歳半までシドニーに住んでて、そこからずっと東京で暮らしていました。

丁度大学1年生の終わり頃割と人生行き詰まりかけてて、

また祖国のシドニーに帰りたいなと思い、

住んでた当時仲良かった日本人の友達の家に泊めてもらい、

11日程シドニーでぶらぶらしてました。

まずびっくりしたのが、空港でピックアップしてもらった時に、その日本人の友達Tと日本人とオージーのハーフの友達Bがやってきました。

両方とも私がシドニー住んでた頃、補習校で知り合った友達です。

私がシドニー住んでた頃は日本語でしか会話しあいませんでした。

ところが、彼らは9年の歳月を経て、日本語と英語ごちゃごちゃで話す様になっていました。

まずそこに驚きました。

補習校時代の友達を呼んでもらったり、会を開いてもらったりしました。

私が住んでた当時は日本語でしか会話のやり取りをしていなかったメンバー同士が、

人によっては英語でしか会話してませんでした。

私は小4以降日本の学校で教育を受けていたから当たり前ですが、

正直当時シドニー住んでた頃の日本人の友達、皆日本語下手だなって感じました。

日本語が訛る様になってた友達もいれば、明らかに純ジャパだったら使わない表現を使ってたり、もう日本語で言えない表現になると英語使ってました。

シドニー生まれシドニー育ちのJと話した時

Jというタメのシドニー生まれ、シドニー育ちの子がいます。

元々、シドニー住んでた頃から知ってたわけではないのですが、上記の会で知り合いました。

その後日本でも数回会ってます。

多分シドニー育ちの日本人の中だと一番日本語のレベルが高いです。

訛りがありますが、限りなくローカルの日本人の私に近いレベルで日本語が話せます。

というか、ほぼ完全に日本人レベルです。

本人曰く、日本語とほぼ同じレベルで英語も話せるそうです。

しかし、本人に言わせると、表面上オージーと同じレベルで英語は話せるけど、

ビジネスとかのレベルでは日本語も英語も恐らく使えないと言っていました。

彼は、シドニー育ちの日本人を沢山見てきた上で言っていましたが、

彼のレベルで日本語も英語も使える人は極少数だし、

ほとんどの人が日本語も英語も中途半端だそうです。

それらの話を聞いて、彼のレベルでそうなら、バイリンガルの大半が日本語も英語も中途半端なんだなと思う様になりました。

日本語も英語も完璧なバイリンガル

元々カナダからの帰国子女で、現在同時通訳の仕事をしているNさんの日本語と英語

私が直接知ってるバイリンガルの中で唯一日本語も英語も完璧な人です。

日豪通訳の第一人者でめっちゃ有名な人です。(本人の許可取れてないんで、名前は一応伏せておきます)

12歳~高校卒業までカナダに住んでて、上智大学国際教養学部に入って中退してます。

現在フリーで通訳やっています。

有名過ぎて検索かけたら、一発でヒットします。

上記で書いてる仲良い日本人とオージーのハーフの友達Bの、お母さんです。

一回日本で会った時に色々話したのですが、日本語が完全に私より上だなと圧倒されました。B曰く、英語も彼より圧倒的に上らしいです。

語学力も凄いんですけど、何より話を聞いていて知力・体力共に優れてて、尚且つ人格者で、率直に私とは生きてる次元が違う人なんだなと思いました。

直接知ってるバイリンガルの中で、日本語も英語も完璧なのは彼女だけです。

日本のインター育ちで、アメリカの大学出てる宇多田ヒカルの日本語と英語

私が直接知ってる人では無いですが、芸能人で日本語も英語も完璧なのは、パッと出てくるのは宇多田ヒカルです。

テレビで出演してるの見たり、彼女のインタビュー記事読んだり、彼女の日本語の歌詞(語彙も難解なの使う時あるし、凄く裏のある日本語を使う)読んでる限り、彼女の日本語は完璧というより、完璧の中でも相当高いレベルにあると思います。

実際文学に造詣が深く、彼女チョイスの日本の小説一杯読みましたが、インター育ちなのに日本語のレベルがあのレベルで高いのは、相当日本の文学読み込んでるからではないでしょうか?

文学だけではなく、日本の漫画にも詳しく、「稲中卓球部」が好きって知った時思わず笑ってしまいました(笑)

その日本語より本人が得意と言っている英語はどんだけレベル高いんでしょうね。

芸能人の中でもバイリンガルは沢山いますけど、本当に日本語も英語も完璧なバイリンガル芸能人は一握りだと思います。彼女はその一握りの中の一人です。

日本語は完璧だけど、英語は中途半端なバイリンガル

人の言語を中途半端と呼ぶのはとても失礼なのですが、

ネイティブと完全にイコールレベルじゃない英語はここでは中途半端とさせて下さい。

高2からシドニーに9年間留学してたNの英語

Nという女の子がいます。

彼女は16歳から9年間シドニーで高校・大学・専門学校とローカルの学校に通っていたため、当たり前ですが英語はペラペラです。

去年共通の友達の壮行会で久しぶりに会った時、「あ!この子日本語俺より上手いわw使える表現も俺より多いし、使い方もこなれてるわ・・」と思いました。

16歳までしか日本にいなかったとはいえ、

日本生まれ・日本育ちという点で私と日本語力で一線を画していたのでしょうか。

彼女の英語を大して知りもしない私がこんなことを言うのも大変失礼ですが、

16歳からと後天的に英語を身につけてるため、例えば医療とか法律とか専門的な話になると絶対日本語に分があるはずです。訛りもありました。

本人は仮に日本語が話せなくなっても、英語だけで生きていけると言っていました。

実際表面上はペラペラなんだと思います。

でも深く話し込むと、ネイティブでは無い何かが絶対あると思います。

中高ニューヨークに住んでいた新井麻希フリーアナウンサー)の英語

めっちゃ有名な人ではないかな?中高慶應ニューヨーク校通ってた帰国子女です。

アナウンサーやる位ですから、日本語は完璧です。経歴の割に馬鹿ですけど。。。

一回テレビで彼女が英語話してるの聞いた時、典型的な下手というか中途半端な英語でした。なんていうか、帰国子女だからアクセントとかはネイティブなんですけど、ローカルの学校通ってたわけじゃないんだなって英語でした。

多分私の英語と大差ないです。

ジョナサンシガー(外国人タレント)の英語 

私のブログ名の元になってる人です。面白いですよ(笑)日本語は完璧です。

学校はずっとローカルの日本の学校通ってて、家でだけ英語話してたタイプです。

ちょいちょいテレビで英語話すとこ聞くのですが、私がシドニー住んでて英語も表面上はオージーとおしゃべりしてても不自由なかった頃を思い出させます。

簡単な表現というか、稚拙な表現しか使えないんですよね。

表面上はペラペラに見えるけど、一定以上の英語力のある人からは完全に見破られてると思います。

私の英語力よりは上ですが、そこまでの差は無いと思います。

英語は完璧だけど、日本語は中途半端なバイリンガル 

人の言語を中途半端と呼ぶのはとても失礼なのですが、

ここではローカルの日本人レベルに限りなく近いけど完璧ではない人も、

日本語は中途半端とさせて下さい。

Bという日本人とオージーのハーフの日本語

上記で何回か登場してますね。補習校で小1の一番最初に出来た友達です。

シドニーのローカルの学校ずっと通ってて、大学もシドニーの大学出てるため、英語は完璧です。兄弟と母とは日本語で話し、父とは英語で話していました。

久々にシドニーで再会した時、訛りがハーフの人特有の訛りになってたのと、日本語力に(まあ当たり前のことですが)差がついたのを感じました。

「引っ越す」という表現が出てこなかったとき、「家が動く」と言っていたのは、今思い出しても笑えます。

その後半年間南山大学に留学して、就職も日本でして、日本に何年も住んでいました。

日本語は再会した当初と比べるとかなり上達したけど、やっぱりローカルの日本人とは差があるし、本当に込み入った話になると英語になります。

Tという東京生まれシドニー育ちの日本語

補習校時代仲良くて、今でも頻繁に連絡取り合う仲の人です。滅茶苦茶頭良いです。

東京生まれなのですが、実質1年位(多分)しか東京住んでなくて、それ以降ずっとシドニーです。

シドニーのローカルの学校にずっと通ってて、シドニーの大学も出てるため、英語は完璧です。英語がオージー並みの奴(上記のB)から見ても、「英語が完璧」の中でも上手い部類に入る人です。

家では日本語オンリーでした。

高校卒業する間際に久しぶりに会った時に、日本語話してて凄い違和感感じました。

私が余りにも「日本人」になり過ぎた一方、彼は余りにも「オージー」になってしまったんだと思います。

それから本人も大学在学中、交換留学生の日本人と仲良くしたり、純ジャパの友達を作ったり、積極的に(本人が意識してそうしていたのかどうはわかりませんが)日本人との交流を図っていました。

本人が言語分野に元々長けてたこともあって、表面上私と話す分には変わらないし、違和感ももう感じません。

けど、(当たり前ですが)、医療とか専門的な話になると向こうは日本語ではわからないし、本当に込み入った話になると、私も噛み砕いて説明するか、もしくは英語で調べて説明します。

私は彼を見ると考えてしまいます。

家では日本語で話してて、純ジャパとの交流を図る等日本語を向上させるための努力もして、尚且つ彼レベルの頭の良さで到達出来るレベルの日本語がここで限界だったら、

日本語も英語も完璧になるのってほとんど不可能なんじゃないかと思います。

余談ですが、高校卒業する間際に会った時に、「腕が太い」という表現を「腕がデカい」と言っていたり、「サッカーする」という表現を「サッカー遊ぶ」と言っていたのはちょっと笑える話ですね。

Yというシドニー生まれシドニー育ちの日本語

Yもシドニー住んでた頃補習校で仲良かった友達ですね。

もう10年位連絡取ってないです。。

シドニーのローカルの学校にずっと通ってて大学もシドニーの大学出ているため、

英語は完璧です。

彼は兄弟間でも英語で話していたため、実質日本語を話すのは親と話す時だけです。

私がシドニー住んでた頃は日本語でしか話しませんでした。

私が20歳位の時に、彼が日本に遊びに来て、一緒にぶらぶらしました。

しかし、彼の日本語が下手になり過ぎて、会話する時私の下手な英語で話した方が、向こうの下手な日本語に合わせるより楽でした。

日本語が中途半端というより、彼の場合日本語下手でしたね。

メッセージとかFacebook通じて受け取った時、日本語と英語ごちゃごちゃで漢字も滅茶苦茶でした。

日本語も英語も中途半端なバイリンガル

高2までアメリカいてそこからずっと日本にいるMの日本語と英語

この子は上智国際教養学部出てます。

(確か)アメリカ生まれで、アメリカ育ちで、高2の段階で帰国してきました。

そこからずっと日本です。

元々上智の大学祭でナンパして知り合いました。

彼女とはメールのやり取りしててちょいちょいおかしいなとは感じてました。

何回か会ううちに日本語にぼろが出始めました。

普通に日本語下手でした。

「Mちゃんってさ、日本語と英語どっちが得意なの?」って聞くと「私は両方中途半端で同じ位かな・・」と返答されました。

その下手な日本語と同じ程度の英語しか話せないんかい。。。ってなりました。

それでも上智国際教養学部の仲良かったメンバーだと、ダントツで英語が上手いらしいです。=他の人達どんだけ日本語も英語も下手なんだよ。。。。ってなりました。

帰国子女学級で一緒だったTの日本語と英語

私が帰国子女学級にいた頃に、クラスにいたTという子です。

元々インドネシアに住んでいて、インターに通っていました。

インドネシアの治安が悪くなり、日本に帰国し、お茶の水女子大学附属小学校に私と同時期に編入しました。

彼は自他共に認めるレベルで頭悪いです。

丁度小6に上がる段階で、またインドネシアに転校しました。

高校に上がる段階で日本に帰国してきて、インターに通い、

大学はアメリカの大学を出ています。

久々に再会した際、物凄い違和感感じるレベル(上記に書いてるバイリンガル達とは比にならない位)に日本語が下手になってたし、日本語も訛ってました。

「お前、日本語と英語どっちが得意なの?(流石に英語だよなという意味を込めて)」って聞いたら、「俺、日本語も英語も両方出てこないんだよね~、同じ位かな~、頭悪いからさ俺(笑)」と返されました。

その日本語のレベルでしか思考できないってヤバいなって思いました。

シドニー生まれシドニー育ちのAの日本語と英語

過去記事には何回か書いてるんですけど、Aという子がいます。

シドニー生まれ、シドニー育ちで専門学校までずっとローカルの学校に通ってました。

しかし、基本的に授業以外の時間日本人としかつるんでいなかったため、

英語は他のシドニー育ちの日本人から、「あいつ英語滅茶苦茶下手だよ」とか「Aだめだよ」とかボロクソ叩かれてました。

本人に久々に再会した時も、笑いながら自分の英語が下手なことを認めてました。

彼の本当にヤバい所は英語じゃないんです。

補習校に通っていなかったため、きちんとした日本語教育を受けていません。

満足に漢字の読み書きも出来ないです。

難しい語彙(恐らく語彙という単語すらわからないと思います)もわかりません。

日本語も英語も中途半端(というより下手)なんです。

恐らく彼は「シドニーの日本人社会」でしか生きていけません。

でもわかって欲しいのは、世の中こういうタイプのバイリンガルもいるんです。

もし彼がこのブログの存在を知って、自分が話のネタにされてることを知ったとしても、

フリガナ無いから多分記事読めないと思います。

フリガナ無いと漫画も読めないと言っていました。

私の出した結論

  • 日本語も英語も完璧なバイリンガルは非常に少ない
  • 日本語か英語どちらか完璧になれてるバイリンガルはまだ幸せな方
  • 通訳者や歌手等、「言葉」や「言語」を仕事にしてる人は、限りなく高いレベルで日本語も英語も高められるのかもしれない
  • 帰国してくるタイミングや海外に渡るタイミングが合わないと、日本語も英語も半端になりやすくなるのかもしれない
  • エビデンスが取り切れてないから断言はできないが、恐らくバイリンガルの大半が日本語も英語も中途半端
  • Nさんも通訳の仕事の合間に、担当する業界を日本語でも英語でも超勉強していると言っていたし、宇多田ヒカルも相当日本文学を読み込んでいる。日本語も英語も両方完璧な人はそれ相応の努力をしている。

最後に

日本語も英語も中途半端なバイリンガル達は表面上はペラペラで、「格好良い」とか「羨ましい」とか思われるかもしれませんが、ある面では彼らは非常に不幸です。

純ジャパの人達が深く物事を考えている時の思考が、彼らは日本語でも英語でも出来ていないかもしれないからです。

 

この記事が誰かの参考になりますように。。。

 

それでは!