johnathanTのブログ〜双極性障害について〜

どうも!ジョナサンのブログです。精神疾患を患ってる方へのサポートが少しでも出来るようなブログを発信していこうと思います。

10年間引きこもりしていた友人を引き出して再会した話

スポンサーリンク

毎度です!ジョナサンです~。

 

今回は10年間引きこもりしていた友人を引き出して再会した話について書こうと思います。

 

管理者情報には私の略歴書いているのですが、

私は都立戸山高校という高校を卒業しています。

東京都民じゃない方はご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、

東京都だと有名な進学校です。

偏差値だと72位あって、まあ都立高校の中なら4強に入るかなって高校です。

 

優秀な人も多く、2020年1月現在私は29歳なのですが、各界活躍している同級生も多いです。

 

その反面、ちょっと変わった人も多かったためか、精神を病んでしまったり、完全に連絡が取れなくなってしまったり、引きこもりになってしまったり、レールから外れてしまう人も少なからずいます。

 

私も双極性障害の治療のため、2015年11月からずっと働いておらず、現在無職です。

 

引きこもりになってしまった友人ですが、N君としておきましょう。(本人の許可取らずにこの記事書いてますが、大丈夫なんでしょうか。。。)

 

N君は私が戸山高校に入ってから初めて話した人です。

3年間クラスが一緒だったこともあって、めっちゃ仲良かったです。

これは友人というバイアスを外して言いますが、

彼は非常に頭が良かったです。

こと理系的な分野において、天才的な頭の良さを発揮していました。

しかも話も面白かったです。

宅浪して、東京工業大学に入学しました。

もし今、会社員やってたら間違いなくエース級の仕事ぶりを発揮していたと思います。 

 

私が大学3年に入った頃から連絡がぱったり取れなくなりました。

彼は一浪しているため、彼からすると大学2年の頃ですね。

 

この記事はこんな方におススメです。

  • 行方不明な友人がいる方
  • 身内に引きこもりの人がいる方
  • 引きこもりになった友人と何とか会いたい方
  • 引きこもりの世界を知りたい方 

 

最後に会った時

私が大学2年(彼が大学1年)の11月頃に、彼交えて合コンを開催しました。

その時は、まだ全然病んでる感じとかはなかったし、元気そうに見えました。

ここでの接触が最後の接触になります。

連絡を送っても返事が来なくなる

私が大学3年(彼が大学2年)になった頃からです。

メールで「元気?」と送っても返信が来なくなりました。

元々連絡がまめな方では無かったので、返信するのがめんどくさいのかなとか最初は思ってました。

ところが就職活動の近況を送ったり、内定をもらえたことを報告したりしても、一切返事が返ってきません。

「俺、嫌われたのかな?」

と、思ったりしたのですが、

別の同級生がN君に連絡を取っても、返事がもらえないということがわかりました。

「何か理由があって、戸山の奴に会いたくないんだろ」って友人が言ってました。

まあ実際そうだったんですけどね。

実家に電話する

私が大学4年位の頃ですかね。

流石に近況が気になって、彼の実家に電話を掛けました。

N君のお母さんと私の母親が、保護者会みたいなので話したこともあったので、

私の名字を言えば、存在位はわかるだろうと思いました。

私「戸山高校のジョナサンです。N君とずっと連絡取れないのですが、彼に折り返し私に連絡するように伝えてもらえますでしょうか」

N君のお母さん「実は私たちもNとは連絡があまり取れていないんですよ(N君は一人暮らしをしていた)。今度連絡が取れた時に伝えておきます。」

結果いつまでたっても、N君からは連絡が来ません。

何百回レベルでN君にはメールを送ったり、電話したりしました。

最初は通話が繋がっていたのですが、途中から全部留守電に切り替わりました。

就職してしばらく連絡を送らなくなる

 過去記事読んで頂ければわかると思うんですけど、

私就職してから色々と大変で、人のこと気にかけてる場合じゃなかったんですよ。

二回休職して退職しています。

一回休職して、復帰してから高校3年の頃の同級生と会った時に、

私「Nと連絡取れてるやつ誰かいない?」

 同級生「お前が連絡取れんかったら誰も連絡取れへんやろ」

と言われ、やっぱり彼に連絡取らなければいけないのは私なんだなと思いました。

二回目の休職中に近況を送る

二回目の休職中に、自分が今休職していることや、入社してからその時までの経緯を彼に送りました。とにかくあまりうまくいってないことを伝えました。

また、他に病んでしまってる戸山生や、レールを外れてしまってる戸山生のことなどもメールで定期的に送り続けました。

それでも返信はありませんでした。

退職してから実家に電話をかける

正直イライラしてました。

あんなに仲良かったのに、全く返信してこないなんて、

なんて奴だ!と思ってました。

退職してから、再度実家に電話をかけました。

私「戸山のジョナサンです。N君にメールや電話をし続けてるんですが、ずっと無視されてて、あいつは生きてるんですか?!」

N君のお母さん「ジョナサンさんって確か3年間クラス一緒だった人ですよね?!彼は生きてはいます。」

私「今私は双極性障害で職を失い、無職です。あいつはどうなってるんですか?!」

N君のお母さん「そうだったんですね。。Nは大学を途中で挫折して以来ずっと家にいます」

私「電話番号教えますんで、折り返すように伝えといてください」

N君のお母さん「わかりました。。。」

結果、電話はかかってきませんでした。

N君のお父さんと電話で話す

N君のお母さんと話してから、半年位たってからですかね?

何の音沙汰も無かったので、再度実家に電話かけました。

私「お母さまに変わって頂けますか?」

N君のお父さん「家内は今、旅行中なんですよ」

私「N君にかわってもらうことってやっぱ厳しいですか?」

N君のお父さん「いやー、ちょっとそれは厳しいですねえ」

私「N君は最近どんな感じなんですか?」

N君のお父さん「引きこもりですねえ。基本的に部屋にいます。」

私「ずっと引きこもってるって、多分精神病んでると思うんですけど、病院とか行かせてないんですか?」

N君のお父さん「いやー、一緒に行こうか?とは言ってるんですけど、本人がどうも行きたがってないみたいで」

私「日中とか何してるんですか?」

N君のお父さん「全くわからないです。ただ、たまに買い物にスーパーとかは行ってるみたいです」

私「手紙送りたいんで、住所教えてもらえます?」

N君のお父さん「わかりました」

という流れでN君の住所を手に入れました。

手紙を書く

手紙を書きました。

A4用紙で3枚書きました。

  • 自分が大学卒業して、就職してから双極性障害になって今に至るまでの近況
  • 共通の仲良かった友達の近況
  • レールを外れてしまった同級生達のこと
  • N君への思い
  • ずっと友達でいるし、ずっと愛していること
  • 自分の連絡先

ちょっと最後の方気持ち悪いかもしれませんが、

本心だったので書きました。

絶対に届くように簡易書留で送りました。

 

結果、音沙汰無しです。

N君のお父さんと再度電話で話す

手紙送ってから何の音沙汰も無かったので、

また私から電話しました。(しつこいって思う方もいる方もいるかもしれないけど、ここまでやらないとダメです)

その後日、年賀状も送ったので。

私「手紙と年賀状届きました?」

N君のお父さん「はい、届きました」

私「最近どんな感じですか?」

N君のお父さん「部屋からほとんど出てませんね。食事とかも別々に取っているのでもう彼がどうなっているのかわかりません」

私「バイトさせて外の世界見させてみるとか良いんじゃないですか?」

N君のお父さん「バイトでもしたらどうなんだ?とかは言ったこともあって、その場では本人もうんとか言うんですけど、実行には結局移してないですね。まああなたの病状も良くなるといいんですけどね」

人の心配する前に自分の心配しろよ的な言外のメッセージを感じました。(笑)

私「また連絡させてください。本人と話す機会があればよろしく伝えといてください」

ここで一旦電話終了です。

 

ここまでやっても音沙汰無かったです。

丁度その時期位に、引きこもりの人達が事件色々起こしてました。

Google Adsenseの規約に引っ掛かりそうなんで、詳しくはあえて書きませんが。

やっと本人と話すことが出来た

最後N君のお父さんと話して、半年経過してからですかね?

もう私が直接家まで行くから、何とか本人と会えないか、ということを伝えるために、

電話しました。

 私「戸山のジョナサンです」

N君のお母さん「元気ですか?本人と変わりますか?」

まじか!!!!ってなりました。

N君「わりー、ずっと連絡返してなくてごめん」

私「全然いいよ。それより体調は大丈夫?」

N君「ちょっとうつっぽくて具合悪い。ジョナサンもそんな感じなんでしょ?」

私「そうそう、俺も病気で仕事してない。家まで行くよ。」

N君「いや、どっか外で会わない?」

私「俺めっちゃ疲れやすくて。。。もし来れたら俺んちの最寄り駅まで来てもらえない?」

N君「いいよ」

 

ということで、10年ぶりに会う約束を取り付けました。

ここまでで10年かかりました。

共通の友達に報告や相談をする

 私とN君3年間クラス一緒だったんですけど、

1年の頃同じグループにいて、

結構1年の頃のグループといまだに交流がありました。

 

何人かそのグループのメンバーに報告をしました。

皆めちゃくちゃ驚いてました。

誰しもがもう一生会えないと思ってました。

私もそう思ってました。

とりあえず、会った時に伝えとくからということで、

3人からN君へのメッセージをもらいました。

 

あと一人に、病んだ人と接する時に気を付けてることは何かあるか聞いて、

「俺はあえてアドバイスとかしないようにしてる」って言ってて、

あ、確かにこれ使えるわって思いました。

 

まあ私も病める人なので、わかるんですが、

会う人会う人善意でアドバイスしてくるんですよね。

でも、当事者からすると、そんなのわかってるよってアドバイスが大半です。

てかそのアドバイス実行できてたら、働けてるよってアドバイスばっかだし、

アドバイスもらっても結局実行に移さないことが90%です。

 

ですので、私もN君に会う時は「あえてアドバイスしない」路線で行こうと思いました。

10年ぶりの再会

 私の自宅の最寄り駅の改札付近で待ち合わせしました。

最初私に話しかけてきた人がいて、

一瞬「誰だこのおっさん」と思ったらN君でした。

10年間経つと顔って変わるんですね。

あと、髪薄くなってました。

誰かわかんなかったです。

 

近くのインドカレー屋に行き、久々の会話を始めました。

なるべく遠回しに色々聞いて、引きこもりになるに至った経緯を聞きました。

 

どうも東京工業大学で2年生に進学し始めた頃から、

授業のレベルが凄まじいレベルでエスカレートして、

ついていけなくなったらしいです。

本人も言うてやればなんとかなるでしょって思ってたのが、

やってもついていけず。

一方周りの友達は次元違いに頭が良く、完全にN君は置いてかれたみたいで。

徐々に学校に通わなくなり、引きこもるようになり、留年をし、中途退学をし、

今に至る経緯を聞きました。

 

本人が、「東大生とかで自死する人っているじゃんたまに?こういう理由の人多いと思うんだよね」って言ってるのを聞いて、

3流大卒の私にはわからない世界があるんだなと思いました。

 

普段はネトゲをやってるみたいで、ネトゲ仲間とはたまに会ったりしてて、

想像してたようないわゆる本物の引きこもりではなかったです。

 

彼と話してて感じたのは、

共通の昔話とか確かに話してて面白いんですけど、

彼が最後に何かに熱中したのって大学受験なんですよね。

 

ですので、自ずと本人が熱くなる話題って大学受験関連で、

誰がどこの大学入っただの

誰が浪人してどこの大学落ちただの

東京工業大学の凄さだの

その辺りの話題をしたがるんですよね。

 

彼の中での時間は引きこもりだす前の19歳から時間が止まってました。

 

アドバイスとかは基本する気は無かったんですが、

一つ伝えたかったことがありました。

メンタルクリニックに通って欲しい」ということです。

 

本人にその話をしたら、

本人も「今病院かかったら何かしら診断出ると思う」と言っていました。

私の双極性障害の症状も話して、

  • 寝つきが悪い、中途覚醒する、早朝覚醒してから寝付けない
  • 過去のフラッシュバックがあって、フラッシュバックが始まると中々そこから離れられない

等の症状は本人も当てはまるらしく、

不安感が止まらない等の症状も訴えてました。

 

メンタルクリニックの上手な選び方や、

どういった薬が処方されるか、

薬の効果や副作用等教えておきました。

しかし、その後日また会った時、

私「メンタルクリニック行った?」

N君「いや、行ってない」

私「は?!お前会ってなかった期間何してたの?!てかなんで行ってないの?!」

N君「メンタルクリニックとか通うと、生命保険とか入れなくなるから・・」

多分本当の理由はそこじゃないのでしょう。

なんで行かなかったのかはわかりませんが、結局彼はメンタルクリニックに行きませんでした。

 

まあ無職同士ならダイレクトに聞いても大丈夫だろうと思って、

私「将来どうする?」

N君「ジョナサンどうする?」

私「(いや、お前に聞いてんだけどと思いつつ)まあまともに正社員として働くのは厳しいだろうな。障害者手帳利用して、障害者枠で就職するかな。病気が良くなった後の話になるけど。んで君はどうすんの?」

N君「自分は職歴とか無いから会社員とかはできないかな。まあ家でやれる仕事とかになるかな」

私「転売とかで儲けてる友達いるよ」

という話をしたら結構食いついてきて、

詳しく聞いてきました。

引きこもりの人は、金稼ぐチャンスがないだけで、働く気がゼロというわけではないんだと思います。

 

最後、

私「Nずっと俺からの連絡とか返してなかったわけじゃん。んで突然電話とか出てくれたり会ってくれたりしたわけじゃん。なんか心境の変化とかあったの?」

N君「いや・・・・ただ自分のこと気にかけてくれてる人がいるのは、親も喜んでるよ」

 

という会話をして解散しました。

 

引きこもりになっちゃってる人の親は、連絡とか実家に直接来ても、迷惑なわけじゃないんだなと思いました。

この体験を通して思うこと

再会するのには根気がいる

10年ですよ?!10年連絡し続けてやっと会えたんですよ?!

引きこもりになっちゃったり、一回レールから外れた人と再会するのには、

本当に根気がいるんだなと感じました。

10年かかっても会えなかったかもしれなかったわけですし。。

どうしても会いたい人ならダメ元でも連絡し続ける覚悟がなきゃダメだんだなとおもいます。

実家に連絡しましょう

どうしても、引きこもりとかレール外れちゃって、音信不通になってる友人と連絡取りたい場合は絶対その人の実家に連絡しましょう。

N君が言っていたのですが、もう携帯は見ていないとのこと。

ちょっとしつこいとか、図々しいとか、迷惑だとか思われるんじゃないかと思って、

二の足を踏むのは良くないと思います。

結果私は実家に連絡して再会に成功してるわけですし。

上記に書いたように、ご両親からも気にかけてくれてることは喜んで頂けてるみたいだし。

(家庭によるのかもしれませんが)

引きこもりになる人にも訳がある

なんていうんだろう。

話ずれるんですけど、例えば生活保護の人って怠けてるとか働かないとかで凄いたたかれるじゃないですか?

でも実際怠けてるだけの人って一握りだと思うし、一人一人受給してる訳を聞くと納得せざるを得ない何かがあると思うんですよね。病気だったりで。

引きこもりも同じだと思います。

はたから見ると、ただ怠けてるだけに見えたり「働けよ」って思うかもしれないんですけど、根はもっと深くて。

N君の場合だってたまたま東京工業大学のレベルが高すぎるクラス(類というのか?)に振り分けられちゃったからドロップアウトしちゃったわけで、他のクラス(類)に行ってたら今頃超大手企業でバリバリ働いてたのかもしれなかったし。

同情の余地はあるわけなんですよ。

ちょっと可哀そうだなと思う所はあります正直。

ですので、「引きこもり」って聞いて偏見を持って見るんじゃなくて、もっと根深い闇があるんだろうなと思って欲しいです。

引きこもりは何かしらの精神疾患を抱えている

引きこもってた期間とかにもよると思うんですけど、

10年とか引きこもってると案の定、精神症状抱えてましたね。

もし家族で引きこもりの人がいるなら、私ならまずは(もう強制的に)メンタルクリニックに連れていくかな。

働くよりそっちが先だと思います。

それか好きなことがあるなら(生産的で)、それをさせて人との交流を取らせてみるかな。

N君の場合ネトゲをやってるらしいのですが、どうもゲームって非生産的な気がするんですよね。

体動かせる体力があればの話なんですけど、運動とかさせるのがよいんじゃないのかなあ。。。昔やってたスポーツとか。

過度な放任主義は良くない

N君のご両親がどうも過度に放任主義な感じなんですよね。

実はN君が高校時代、彼のお兄さんも高校中退して引きこもりになってた時期があって。

遺伝的なものなのかなとか思ってたんですけど、お兄さんは社会復帰果たして現在は働けてるという話を聞きました。

やっぱ教育方針の問題もあるのかな。

結婚してないし子どももいない身で教育について語るのもあれなんですが、

過干渉はもちろんよくないけど、過度な放任主義も良くないんだなって思います。

 

この記事が誰かの参考になりますように。。。

 

それでは!