johnathanTのブログ〜双極性障害について〜

どうも!ジョナサンのブログです。精神疾患を患ってる方へのサポートが少しでも出来るようなブログを発信していこうと思います。

うつ病は甘えと言ってる人へのメッセージ

スポンサーリンク

こんばんわ!ジョナサンです。

 

今回の記事では、うつ病は甘えと言ってる人へのメッセージについての記事を書きたいと思います。

 

まず、自己紹介がてら私の病歴を紹介したいと思います。

私は現在29歳男性で、双極性障害の治療のため無職です。

東京育ちで現在千葉県に住んでおります。

過去会社員をやっていた経験があります。化学メーカーに勤めておりました。

2012年入社で大阪支店で営業職をやっていたのですが、

2014年1月~9月まで当時の診断ではうつ病で休職しました。

東京本社で営業事務職として復帰をしたのですが、

2015年11月~2018年5月まで休職の末、退職しました。

二回目の休職では、最初は反復性うつ病性障害と診断されていました。

その後、2回転院をし、2017年3月頃に双極性障害に診断が変わって以来、

ずっと双極性障害の治療を続けております。

ずーっと双極性障害だった可能性も濃いのですが、

一応当時の診断ではうつ病だったので、うつ病も経験しております。

 

さて、うつ病は甘えと思ってる方は、この病歴をみて「本当に甘えたやつだな」って怒りを感じてる方もいるんじゃないでしょうか?

まあ見方によっては確かにそうなりますね。

昔の私も多分この病歴を見たら、そう思ってたかもしれません。

 

この記事はこんな方におススメです。

  • うつ病は甘えだと思っている人
  • 家族や友人にうつ病の方がいる人
  • うつ病は甘えだと言われたことがある方
  • うつ病とは縁がない健常者の人

私にもそういう時期がありました

 私も「うつ病は甘え」とまでは言わないですけど、仮病に見えたり、怠けてるだけに見えていた時期がありました。

過去記事で書いているのですが、私が小学校6年生から高校3年生まで父親がうつ病で働いていませんでした。

結局は躁うつ病(当時は双極性障害という病名が普及していなかった)だと判明したのですが、最初はうつ病ということで休職していました。

 

別に部屋に引きこもって休んでもらったり、ずっと寝てたりする分には構わないのですが、父親の場合違いました。

いっつも居間にいるし、映画観たり、音楽聞いたり、本読んだり、犬飼い出したり、とても病人とは思えませんでした。

癇癪持ちだったため、しょっちゅう家で怒鳴り散らしてました。

私もその姿を見て、「ったくそんな元気あんなら働けよ、、、」って思ったりしてましたし、うつ病へのイメージは凄く悪かったです。

うつ病ってやばい病気だと思うようになったきっかけ

ある時期から「うつ病は甘え」という言葉では片づけられない病気なんだなと思うようになりました。

父親の場合

父親が疲労感が凄いことを訴えていました(現在の私と一緒ですね)。

スーパーに自転車で往復しただけで、もの凄い疲労感を覚えると言っていました。

当時は、「気持ちの問題だろ」と思って「プールでも行って運動してみたら?」とか言ってみたのですが、「プールなんか言ったら死んじまうよ」と言い返されました。

今の私と全く同じ状況ですね。

それとうつ状態が酷い時、居間のソファーから数日一歩も動きませんでした。

ある日、私と兄と父親で居間に居合わせた時がありました。(私が高校1年生の頃)

当時の私と兄は仲がかなり悪く、口論の末、殴り合いになりました。

普通家族の誰かが殴り合い始めたら、すぐ止めに入りますよね?

もうそれすら億劫な様子で、しばらくしてから父親が止めに入りました。

この時期位から、「あ、うつ病ってやばい病気なんだな」と思うようになりました。

部活の同期のK野の場合

以前の記事でも彼のことは書いています。

www.johnathantbipolar.com

 高校時代剣道部だったのですが、同期の一人がうつ病になり、休学して、留年して、中途退学しました。

K野はめちゃくちゃ努力家で、誰よりも自分に厳しく、剣道の練習に励んでいました。

とても彼がうつ病になった時「甘え」なんて言葉は思いつかなかったです。

ただ本人の持ってるキャパや体力に見合わない頑張りをしてしまい、多分その反動でうつ病になったんだと思います。(度を越したいじりを他のメンバーと一緒にしてしまったことも要因の一つにあったかもしれません)

当時、剣道部のメンバーは剣道日記を書かされていたのですが、彼の剣道日記を見ると、厳しすぎる位自分に高いハードルを課していました。

うつ病になって、レギュラーから外れても、本人は練習試合や、公式試合の見学に来たがりました。

日程を彼に送っていた私たちも悪かったです。

一回本人が具合悪い時に練習試合の見学に来た時がありました。

両親にも行くなと止められたのに、来ました。

私達も帰れと言いました。しかし帰りませんでした。

しばらくしてから、いきなりK野はうずくまり、「寒気がする、、、、寒気がする、、、」と言い出しました。

流石に本人もヤバいと思って帰りました。

義理の父親に帰宅後ぶん殴られたらしいです。

このK野のうつ病の症状を見て、心から「うつ病ってヤバい病気なんだな」って思いました。

社会人になって自分もうつ病になる

上記の出来事があって「うつ病はヤバい病気」だと思うようになりました。

私は入社してからいきなり大阪支店に配属になって、慣れない土地で、頑張っていました。他の記事では散々書いているのですが、夜の付き合いが多い部署で、タクシー帰りざらで、そのまま朝会社出社したりしていました。自分で言うのもなんですが、本当に大変だったし、頑張っていたと思います。

 

社会人になって初めて周りの友人がうつ病になって休職したという話を聞きました。

入社2年目の夏頃です。

彼は東京育ちで東京で営業をやっていて、夜の付き合いとかが原因でうつ病を発症しました。

実家から通っていて、土日とかも会える友達一杯いるわけじゃないですか?

リフレッシュできるわけじゃないですか?

それで夜の付き合いもタクシー帰りとまではいかなかったと聞きました。

ぶっちゃけ「お前甘えんなよ?!俺どんだけ大変だと思ってんだよ?!」って思ってしまいました。

本当にごめんなさい。

うつ病は甘えなんかじゃないですね。

 

結局その後すぐ位から私もうつ症状が出始め(入社2年目の10月頃から)、その翌年の2014年1月からうつ病で休職し始めました。

上記に書いた彼からのアドバイスをとかを沢山参考にしました。

多分彼がうつ病になって休職してなかったら、

私は休職という選択肢を選ばずに退職していたかもしれません。

私に襲ってきたうつ症状

私には下記の様なうつ症状が襲ってきました。

(2013年10月~12月末の休職入るまでの期間)

  • 倦怠感
  • 食欲出ない
  • 胃が気持ち悪い
  • 疲れやすい
  • イライラしやすい
  • 突発的に難聴の症状が出る
  • めまい(デスクから立った瞬間倒れそうになった時もありました)
  • 頭痛(いきなり頭がガンガン痛くなりました)
  • いきなり涙が出てくるようになる
  • 性欲減退(erectしない)
  • 口が異常に乾く
  • 寝起き物凄い不安な気分に襲われる
  • いてもたってもいられない落ち着かない気分に突然襲われる
  • 異常に体がだるい
  • 死にたくなる(自死を考えるようになる)
  • 何をしても楽しくない
  • 甘いものが異常に食べたくなる
  • 夜中目が覚める
  • 喉に異物感
  • ためいきがいきなり出てくる
  • 寒気がする
  • 体重が3ヶ月で6kg落ちる

これ見て、まだ「うつ病は甘え」って言えますか?

家族や大切な人や友達に同じ症状が起きても「うつ病は甘え」って思えますか?

症状見てもらえればわかると思うんですけど、

「甘え」じゃなくて立派な「病気」ですよね?

 

ちなみにこの時期にのことはこの記事に書いています。

www.johnathantbipolar.com

うつ病は甘えと言ってる人へのメッセージ

もうちょっと建設的な考え方をしましょう

言うても確かになったことない人からすると、「うつ病は甘え」って言われてもおかしくない人だったり側面があることは認めます。

私もそれに近いこと考えてた時期もありますしね。

ただ、会社の同僚だったりがうつ病とかで休職した際は、もう少し建設的な考え方をしてもらいたいなと思います。

うつ病は甘え」っていう位だから、多分フィジカルもメンタルも一般人より強いんでしょう。

一回うつ病で休職しちゃったら、もうその人は、元の会社復帰しても、貴方の様にバリバリ働くことはできません。

今どこの会社もうるさくなってて、元休職者にはそこまでの仕事を与えません。

イコールもう正規の出世ルートからは外れることになるんですよ。

あるレベルまでは昔休職してたとしても、昇格できるかもしれませんが、(本人の能力次第かもしれませんが)管理職までは昇り詰められないと思います。

ですので、「うつ病は甘え」って考えるんじゃなくて「うつ病とかにもならずに、バリバリ働けてて俺ラッキーだな」位に考えた方が余程建設的じゃないですか?

大切な人がうつ病になった時に、その人に「うつ病は甘え」って絶対言わない方がいいですよ

まあ主に友達とか家族とかパートナーですよね。

頭の中では、「うつ病は甘え」と思ってても絶対口に出さない方が良いですよ。

うつ病の人でも双極性障害の人でも、貴方が思っている以上に、病んでる時にどう接してきたかって覚えてるもんなんですよ。

私の場合、病んでた時にどう接してきたかでその人の真価が出ると思ってます。

うつ病は甘え」とは言わなくても、「会社の同期がうつ病で休職してたけど、雑魚だったんだろ(笑)」って言ってた友達がいました。

私が一回目の休職から復帰した後の話です。

物凄い怒りにかられました。

正直殴ろうか真剣に悩みました。

そこまで仲良い友達じゃなかったけど、

普通に嫌いになりました。

これも一回目の休職から復帰してからの話なのですが、

駅でばったり高校の同級生に会いました。

休職とかするとすぐ話広まるんですよね。

会うなりいきなり「お前なんでそんなメンタル弱いの?」

って言われてこれはカチンと来ましたね。

まあその後やり取りするにつれて、そういう発言はしなくなったので別に許しますが。

でも、自分が一回目うつ病で休職してた時に、「うつ病は甘え」って自分の背景事情何も知らない人から言われたら相当恨むと思います。

具合悪くても食って掛かってたかもしれません。

ですので、建設的な考え方がどうしても出来ない人は、せめて口には出さないようにしましょう。

本当に恨まれますよ(笑)

うつ病は甘え」って言ってて、後々うつ病なったら格好悪いですよ

別に「うつ病は甘え」って言ってる人が後々うつ病になったとしても、

死ぬわけじゃないですよ。なんか損害被ることもないですよ。

でも普通に格好悪いなって私だったら思っちゃいますね。

 

絶対にうつ病にならない自信ってあなたにはありますか?

上記に貼ったうつ病になりやすい人のリンクには書いてあるんですけど、

昔の上司でこんな人がいました。K崎さんという方です。

私が一回目の休職から復帰した時の間接的な上司で営業マンだったんですけどね。

元々ずっとバスケやってて(経験者から見ても超うまいレベルらしい)、高校も大学もバスケ推薦で入ってました。

会社もバスケで入って実業団でやってて、結果が出せなくなって営業マンになって、私が元いた会社に転職してきました。

まあどっぷり体育会系の人ですよね?

実際フィジカル・メンタルも相当強く、朝は誰よりも早く出社して帰りも終電みたいな日々を過ごしていました。

ところが、びっくりしたのはこの人でさえうつ病になった過去がある話を聞いた時です。

その時期、K崎さんの上司がめっちゃパワハラ上司だったらしくて、日中は怒鳴られまくるわ、夜は遅くまで付き合わされて説教されるはだったらしいです。

そんな日々の末、胃潰瘍も十二指腸潰瘍も発症して、うつ病で数週間会社休んでたらしいです。

数週間で戻ってこれた辺りは流石、体育会といったところでしょうか。

でも、こんな明らかストレスに強そうなK崎さんがうつ病になったという話を聞いて、

職場環境次第では誰しもがなりえる病気なんだなと思いました。

 

私が直接知ってる人達ではないのですが、

元いた会社はある程度偉くなってからじゃないと海外駐在とかさせなかったらしいんですよ、昔。

ってことは国内ではバリバリ成果出せてた営業マン達が海外駐在行くわけじゃないですか。

ところが、結構な割合で「え?あんなに国内で活躍出来てた人が?」って人が駐在先での環境が合わなくてうつ病になって日本に帰ってきてたらしいです。

そういうのもあって、若手の内にまずは一回海外に出すって名目で海外トレーニー制度とかができたらしいんですけどね。元いた会社の話なんですけどね。

何が言いたいのかっていうと、環境次第では屈強な人でもうつ病っていうのはなりえる病気なんだってことです。

 

これだけ書いてもまだ「うつ病は甘え」って言える自信があるんでしたら、

どうぞ主張し続けてください。

 

この記事が誰かの参考になりますように。。。

 

それでは!